「ほぬや」の味について

「暖簾分け」について話す前に当店の「味」について説明させていただきます。

昨今のラーメンは色々な材料・調味料を使い複雑な味になってきていますが
私が「また食べたい!」と思う味は第一に後味の良いことです。最近のラーメンに多いのは醤油という味が奥に引っ込み複雑な味、脂っこい、そして食べた後の後味が良くなく喉が渇いてきます。
「ほぬや」の味は醤油の味を前面に出したスープが特徴で後味はスッキリです。

塩味においては岩塩と僅かな昆布と魚粉で仕上げてます。
シンプルに作ることが「飽きない味」への第一歩だと考えたからです。

味噌は3種類の味噌をブレンドしてますがベースにはやはり慣れ親しまれた秋田味噌を使用してます。

そしてやはり濃厚なスープも時々は食べたくなる方の為に「亀正式」をご用意しております。
こちらのスープは独自の製法でトロミを付けてあります。
混合削り節と7種類をブレンドした魚粉で仕上げ、脂っこくはないけれど濃厚かつ奥深いスープです。

麺については常時5種類の麺をご用意してあります。そして麺を選ぶのはお客様で、当店から「このスープにはこの麺」といった押し付けはせず、それぞれのお好みで選んでいただいております。

支那そば ほぬや
佐藤 正人
[PR]
# by honuya | 2010-04-15 22:10 | ラーメン